教育効果の違い

なぜ昭島学館が選ばれるのでしょうか

塾に通うと成績が上がる?

通塾率と成績の関係を調べてみる

次の表をご覧ください。これは、全国学力・学習状況調査のデータに基づき、各都道府県の「通塾率」と、全国学力調査の「正答率」とを比較したものです。

いかがでしょうか?通塾率の順位と学力の順位がまったく対応していないという事実がお分かりいただけると思います。

通っても成績があがらない塾の存在

驚くべきことですが、通塾率と成績に比例関係が無いのは、通っても成績があがらない塾が少なからずあることを意味しています。もちろん学力が不足しているから塾に通っている子が多いからだという見方もあると思います。しかし、この順位が長年大きく変動していないのもまた事実です。

つまり、慎重に塾選びを行わなければ大金を無駄に投じてしまうことになりかねないのです。

都道府県通塾率順位学力調査順位
神奈川県66.3%1位63.0%29位
奈良県66.0%2位64.1%11位
東京都64.2%3位64.7%6位
兵庫県63.8%4位63.5%21位
和歌山県63.7%5位61.7%41位
大阪府62.1%6位61.1%46位
・・・・・・・・・・・・・・・
沖縄県49.3%26位55.9%47位
・・・・・・・・・・・・・・・
秋田県28.3%47位69.2%1位

※「平成24年度全国学力・学習状況調査結果」小学6年生・中学3年生が調査対象。国立教育政策研究所発表。

だから昭島学館は、選ばれています。

次元の違う教育効果

模試で頻繁に利用されるデータに「偏差値」があります。偏差値とは、あるテストの「全受験者平均に対する自分の位置」を示す相対的な数値であり、平均点を取ると偏差値は50です。しかし、自分以外の受験生も、日々どこかの塾で学力に磨きをかけているため、普通の学力の伸び方では相対的な自分の位置を高めることはできません。つまり、偏差値は上がらないのが普通なのです。しかし昭島学館では子どもたちの「偏差値」を大きく伸ばす指導をしています。

授業×グラフィック

昭島学館では、生徒達に視覚的な理解をうながすために授業にプロジェクターを導入しています。例えば「星の動き」を理解して欲しいとき、「立体の切断」を感覚的に理解して欲しいとき、グラフィックによる指導は、活字を眺めるよりはるかに楽しく、忘れにくいのです。

他塾で後悔する前に、ぜひ昭島学館の指導をご体験ください。

成績を上げる工夫がいっぱい!!

昭島学館では、経験豊富な教師が「わかるまで」指導し、「できるまで」演習を繰り返しています。その結果、平均的な学力の伸び方しかしない塾とは、次元の違う教育効果を達成できます。

また、子どもたちが自主的に勉強するように成長させてゆく様々な工夫があり、その努力にしっかりと応える環境があります。だからこそ、偏差値を向上させることが可能なのです。

[us_testimonial author=”高橋 寛” company=”英語科責任者”]実は、向上するのはテストの偏差値だけではありません。昭島学館では定期テスト対策もしっかり行いますので、ほとんどの生徒たちが学校の成績を上げています。
これまでの教え子の中には、入塾したときに2だった科目が1年間で5まで上がった子や、9教科合計が10上がった子もいます。9教科合計で6~7くらい上げてくれる子は、1人や2人ではないですね。
ただ、せっかく中間テスト・期末テストで高得点をとってくれても、提出物を出していなかったり、授業態度が悪かったりして、台無しになってしまうこともありますので、その点はしっかり注意してなければならないですね。[/us_testimonial]

昭島学館は保護者サポートも充実しています。

メニュー