教育理念
Educational Philosophy

子どものために一生懸命!

Educational Philosophy

教育理念

集団授業と個別指導という二分化、詰め込み式の教育、”学ぶ”より”習う”に重きを置いた教育、こうした日本の教育の在り方は世界的に見ても遅れており「昭和式の古いやり方」は時代にマッチしません。私たちは、生徒を成長させるだけではなく、自分たちや塾自身も時代とともに成長していかなければならないと考えます。

従来の教育のあり方

従来の教育のあり方は本当に正しいのだろうか? これは私たちが教育に携わる中で長年抱いてきた疑問です。学校や一般的な塾で行われている集団授業では、クラス分けをしていても、子どもたちの理解度や作業スピードに大きな差があります。理解不十分のまま授業が進んでしまうと感じる生徒もいれば、時間を余して退屈してしまう生徒もいるのです。人間の能力や適性は千差万別であり、集団授業では必ずと言ってよいほど非効率が生じてしまいます。

個別指導は最善の方法なのか?

私たちの経験では、答えは必ずしもイエスではありません。個別指導では、個々のレベルに合わせた効率のよい学習が実現しやすいのは確かですが、一方で先生を独占する分、授業料が高額になりやすく、十分な授業時間を確保できないケースが多くなってしまいます。またライバルと競い合う要素がないことも学力の伸びにとってはマイナスと言えるでしょう。

導き出した結論が、

昭島学館なのです!
集団と個別の融合

私たちは試行錯誤を重ね、集団授業と個別指導を適切な割合で組み合わせたハイブリッド指導こそが答えだと確信しました。まず集団授業の中で、子どもたちは楽しく、互いに刺激し合いながら単元の導入部分を学びます。そして、演習部分を個別指導で行うことにより、一人ひとりの状況に応じて、理解できるまで繰り返し演習することも、発展的な問題や先取り学習へ進むことも可能になるのです。さらに、敢えて1:複数の個別指導にすることで、授業料を抑えるだけでなく、授業がない日でも好きな時間に通える「個トレ」を実現しています。

塾長 神谷 尚明

昭島学館は同じ進学塾で勤務していた4人の講師が、より良い教育を目指し、2015年4月に立ち上げた新しい塾です。私たちは試行錯誤を重ね、集団授業と個別指導を適切な割合で組み合わせたハイブリッド指導こそが答えだと確信しました。それから長い年月が経ち、今では「勉強が好きになってきました!」「夢みたいです!」「先生方の応援で、初めてこんなに頑張れました!」こうした言葉とともに見られる子どもたちの笑顔こそが、私たちを動かす最高のエネルギーになっています。わかる喜びを、できる喜びを共に分かち合いましょう。すべては子どもたちの笑顔のために、昭島学館は「子どものために一生懸命」です。

How our school looks

外観と教室
POINT昭島学館では、毎晩必ず掃除をして、きれいな校舎を保っています。隅々までやりますので教室もトイレも洗面所もピカピカです!入り口には消毒液を設置し、マスクの在庫を確保し、子どもたちの健康にも気を使っています。1年を通じてきれいで清潔な学習環境を提供できるように今後も努力を続けていきます。

Easy to Access

Google Map

Gallery
昭島学館
メニュー