今回は国語について書きました。
ヾ(^∇^)

ちょっと難しいのですが
読んでみてください。

昭島学館で
どんな授業が行われているか
分かると思います。

ヾ(@^▽^@)ノ

——

さて、
みなさんは「クオリア」という概念を知っていますか?

クオリアというのは哲学の世界で割と最近に出てきた概念で、wikipediaではこんなふうに定義されています。

クオリアとは心的生活のうち、内観によって知られうる現象的側面のこと、とりわけそれを構成する個々の質、感覚のことをいう。日本語では「感覚質」と訳される。

この問題を最初に指摘したのは、やはりカントでしょう。高嶋も高校生のとき読んで、なかなか興味深いと思った本です。

イマヌエル・カント『純粋理性批判』

例えば、この写真のリンゴ。
何色ですか?
(ノ^ο^)ノホイッ!!

(。TωT)<赤っス!!

ですよね。

「赤いもの」が「この色」で見えるのは、
あまりに当たり前のことなので、
普段は何の疑問も感じません。

しかし、
この色(赤という質感=クオリア)は、
一体、どんな仕組みで、
どこからやってきたのでしょうか?

きっと理系の人は、
こんな図を取り出して説明するでしょう。

「図のように、赤という色は、750nm程度の「1波長の長さの光」を脳が感知したときに感じる色であり、色というのは単に光の波長の長さのちがいに他ならないのだぁw( ̄Д ̄;)wドヤ」

なんて説明するかもしれません。

しかし、ちがいます。

なぬっΣ( ̄Д ̄;)!!

これはあくまで
目に届くまでの光の説明です。

目に届いた後、
脳の中でどう処理されているのか、
これがクオリアという概念です。

例えば、
本当は高嶋の脳の中で、
リンゴがこういう風に見えていて、

これを「赤」と呼んでいるかもしれません。

また神谷塾長にとっては、
こういう色として脳の中で処理されて、

これを「赤」と呼んでいるかもしれません。

気づきましたか?

そうなんです。
その人の脳の中で、
その色がどういう色として
処理されているのかは
他人には分からないのです。

ふむヾ(・ω´・。)!!

つまり「赤いという質感=クオリア」は
取り出してみることができないので、
他の人と比較したり、
どういう仕組みで成立しているのか
全く分からないのです。

この点、
有名な脳科学者である
茂木健一郎先生も本を書いています。

『脳とクオリア』

この本での結論は、こうです。

「クオリアはあまりに主観的な体験のため、今後、科学がどんなに進歩しようとも、この謎を解き明かす見込みはまったくない、不可能である。
むり(o ̄∇ ̄)o」

さて、今回のブログのタイトルを思い出してください。

「読解力の本質―クオリア」です。

実は、
この「質感=クオリア」は、
読解力と非常に大きな関係があります。

例えば、これを見てどう思いますか?

かわいい(o ̄∇ ̄)oニャー

はい。それでokです。

では、これは?

なんか寂しそうm(_ _;)m

はい。それでokです。

こんな風に人間は、
与えられた現象を
「質感」としてとらえ、
脳の中で解釈します。

上のような、
分かりやすい写真であれば、
ほぼ全ての人が
同一の解釈を
することができますので、
何の問題もありません。

しかし、
国語という科目にとって大切なのは、
解釈しなければならない事象が
高度に抽象的な場合です。

例えばこれはどうですか?

「アダムスミス型経済の失敗がもたらした国家介入の不可避性においてこの問題は議論されてきた(錦城高校H22)」
ん( ̄ー ̄?)??

いや、これどうですか?

「アダムスミス型経済の失敗がもたらした国家介入の不可避性においてこの問題は議論されてきた(錦城高校H22)」
……ん?あれれ(・_・;??!

何も出てきませんよね?

国語担当の高嶋としては、このフレーズを見たときに「市場の価格原理に任せて国家の介入をなるべく排除しようとした結果、完全競争市場が失敗したことだろうなぁ」という「質感=クオリア」を感じて欲しいんですね。

これ、
とても大切なことなので
もう一度やってみますね。

例えば、
このフレーズを見てどう思いますか?

「美術館の権威主義はポストモダニズムの中で変容し、そして復興した――ホワイトキューブの登場である(明治大学附属八王子高校H25)」

はい。
こんな映像が浮かびましたか?

「もともと宗教や国家と強い関連を持っていた美術館が、時代の変化とともにその権威が失われていく中、ホワイトキューブとして復興し、現在では美術品の価値を担保する存在として、政治や宗教とは切り離された独立体として機能している」という「質感=クオリア」を感じて欲しいんですね。

こういう感覚がないと国語は絶対にできるようになりません。

逆に言えば、文字を見て、脳内でそれを映像や感覚に変換できる能力の事を国語力と呼ぶのです。

一般的に国語は、何をやったら成績が上がるのかわからない「謎の科目」とされています。文章との相性によって、成績が乱高下しますし、暗記科目のように何をどこまで覚えたら成績が上がるというものでもありません。また、できる子はもともとできるし、できない子はプリントをいくらやってもできるようになりません。

そのため「国語はセンス」だとまで言われます。

高嶋からすると、なんてナンセンスな分析だろうと思います。

国語の世界では、文章をシステムで理解させようとする出口先生や、文法に重きをおいて理解させようとする福島先生が有名です。高嶋も、彼らの問題集をたくさん持っていますし、使っていたこともあります。

しかし、少しも近道にならなかったため、研究を重ねてきました。
そして今のところの結論として、

読解力は、文字を見て、脳内でそれを映像や感覚に変換できる能力を育てると劇的に変化する

と思っています。

高嶋は、昭島学館でそういう指導をしています。プロジェクターを使って映像授業ができますから、生徒たちは大切な概念を「質感=クオリア」で理解できます。

例えば、ちょっと前の授業。

「西洋的な合理性に支えられた建築構造は、日本のそれとは著しく異なっていた。」

みなさんは、
この文字列を見て
どんな「質感=クオリア」を
抱きますか?

高嶋の授業では、
この一文を理解してもらうため、
こんな授業をしています。

昭島学館の映像授業がどんなものか、
ちょっと再現してみますね。


よっしゃ。
じゃあ、説明するね。
みんなちょっと見てみよう!!
これがベルサイユ宮殿だ。
じゃぁぁんo(´▽`*)/♪
宮殿の中身はこんな感じ
(。TωT)/ じゃぁぁん
どうだ?
何か感じるかい?
日本の建築物と何が違う?
ん( ̄ー ̄?)
あんまりピンと来ない?
じゃあ、
日本のも見てみよう!!
こちら(o^∇^o)ノ
これが普通の日本庭園で、
これは日本で一番有名な神社、伊勢神宮だお。
どう?
ベルサイユ宮殿と何が違う?
∑(ノ▼ο▼)ノ ハイハイハイ!!
うん。
そうだね。
さすが!!
みんなも気づいたよね?
西洋の建物は「左右対称」だね。
日本の建物はそうじゃない。
言われればすぐに分かるよね。
ベルサイユ宮殿の庭がこれ。
日本の庭がこれ。
納得したかな?
それでは聞きたいんだけど、
なんで日本のお庭は
左右非対称なんだろう。
わかる人いる?
むぅぅ( ̄Д ̄;)
ちょっと難しいかな。
実はね、
日本の建物は
大自然になじむように
作られてきたからこうなったんだ。
ん( ̄ー ̄?)
うん。
おっけ。
理解するために
これを見てみよう。
きれいな森だね。
見て分かるとおり、
大自然の中には、
「左右対称の構造物」
なんて存在しないんだよね。
だから
自分たちの住処も
なるべく大自然に
なじませようとしてきたんだ。
昔も今も、
農家の人たちは
自然の恵みに感謝して
山の神様に
お供えしているんだよ。
取れた作物の一部を、
山の神様にお供えするんだ。
感謝の気持をこめて、
こんな風にね。
こんな習慣を続けてたら、
いつの間にか、
お供えする場所が、
神聖な場所みたいになってきた。
実はそうやってできたのが「神社」なんだ。
取れた作物を
お供えする場所が
いつの間にか
神社になって、
それが今日でも残っているんだね。
日本人は昔から自然に感謝してきたんだよね。「恵みをくれてありがとう」ってね。だってその1年を過ごせたのは自然の恵みのおかげじゃん。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン
さて、
話を戻すけど、
日本の建築構造というのは
自然に感謝する心が
原点にあるから、
左右非対称なんだよね。
逆に、
西洋はどう?
どうして建造物を
左右対称につくるんだろ。
(*・ε・*)むうぅ
これはね、もともと西洋は自然が厳しいからなのね。
ん(・_・;?
ちょっと
世界地図を見てみて。
これこれ。
左上の青いトコ。
あそこ、ヨーロッパね。
んで青い横線。
あれが北海道の緯度。
どう?
ヨーロッパって、
北海道より緯度が北にあるでしょ。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン
だから自然が厳しいの。
寒かったり、
季節の変化が乏しかったりして
自然を感謝する対象とは
思ってないんだよね。
むしろ、
ヨーロッパの人にとって自然は、
人間の知性を結集して、
征服して、
乗り越える対象だったんだよね。
“〆(゚o゚*)フムフム
日本人みたいに
感謝する対象じゃないのよ。
だから
自然に勝利した人間、
知性で自然を
コントロールできる人間
という像が
西洋で支配的になっていったのね。
¢(ーー;メモシトコ・・・
んじゃ、ここで
理解を深めるために
もう一回ベルサイユ宮殿みてみよか。
はい。こちら。
(。TωT)/ じゃぁぁん
∑( ̄Д ̄;)!!
おっと、間違えたww
ごめんごめんww
これはベルサイユのバラだったww
生徒(くすくす笑う)
ごめんごめん。
本当はこっちこっち。
じゃぁぁんo(´▽`*)/♪
パリの冬とかこんな感じよ。
寒さが厳しいから、
なんとなく、
自然が征服する対象だって
共感できるよね。
だから
ヨーロッパでは
建物の構造が、
人間の知性の象徴である
左右対称に落ち着くわけ。
(○´∀)b ナルホド♪
かなりイメージ沸いたかな。
じゃあ、確認するね。
さっきの問題。
「西洋的な合理性に支えられた建築構造は、日本のそれとは著しく異なっていた。」
「西洋的な合理性に支えられた建築構造」というのは、人間の知性の象徴である左右対称の建物のことで、もちろんそれは日本の建築構造とは全然違うっていう意味だね。そして、その背景には「自然への感謝心」が大きな影響をもたらしていると。
いっぱい映像見たから、
結構しっくりきたよね。
んじゃココまでを
ノートとるよ~
(^▽^)/

——

こんな感じで
高嶋は映像授業をしています。

子どもたちが、
文字から受け取るクオリアを
もっともっと豊かにしてあげたい。

そんな思いで毎日
精進しています。

昭島学館でしか受けられない
楽しい映像授業。

一度受けたら、
もう黒板には戻れないと
思います。

興味のある方は
高嶋までご一報ください。

次へ続く。

メニュー